トップページ > 業務案内 > 介護保険事務所 > 介護保険について

介護(介護予防)サービスの利用 
利用できる介護(介護予防)サービス
  居宅介護支援
介護予防支援
      在宅サービス       地域密着型サービス       施設サービス       介護予防・日常生活支援総合事業   
  
 介護の知識を幅広く持った専門科であるケアマネジャーが介護サービスの利用にあたり、要介護認定申請の代行やケアプランの作成を依頼するときの窓口となり、サービス提供機関と連絡・調整をします。
     
 在宅サービスには、居宅を訪問してもらう訪問系サービスや施設に通って受ける通所系サービスなどがあり、サービスを組み合わせて利用できるので、心身の状況や介護する方の状況に合わせて利用することができます。
     
 地域密着型サービスは、住み慣れた地域での生活を続けるために、地域の特性に応じたサービスが受けられますが、原則として、お住まいの市・町にあるサービスのみ利用することができます。
     
 施設サービスは、介護が中心か治療が中心かなどによって入所する施設を選択します。入所の申込みは介護保険施設へ直接行い、事業者と契約します。
     
 介護予防・日常生活支援総合事業では、要支援の方や事業対象者が利用できる「介護予防・生活支援サービス事業」と、65歳以上の方すべての方が対象の「一般介護予防事業」を利用することができます。