トップページ > 業務案内 > 介護保険事務所 > 介護保険について
 


 

 

 


介護保険に加入する人
加入するのは40歳以上のみなさんです
 65歳以上の人(第1号被保険者)と、40歳以上65歳未満の医療保険に加入している人(第2号被保険者)が介護保険に加入します。
●寝たきり・認知症などで入浴、排せつ、食事などの日常生活動作について常に介護が必要な人
●家事や身じたく等の日常生活に支援が必要な人
●初老期認知症、脳血管障害など、老化にともなう病気によって介護が必要となった人
次の16種類の病気の人※①末期がん ②関節リウマチ ③筋萎縮性側索硬化症 ④後縦靱帯骨化症 ⑤骨折を伴う骨粗鬆症 ⑥初老期における認知症 ⑦進行性核上性麻痺、大脳基底核変性症及びパーキンソン病 ⑧脊髄小脳変性症 ⑨脊柱管狭窄症 ⑩早老症 ⑪多系統萎縮症 ⑫糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症 ⑬脳血管疾患 ⑭閉塞性動脈硬化症 ⑮慢性閉塞性肺疾患 ⑯両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
●世帯の住民税課税状況と所得に応じて基準額を設定し、各個人の金額を決定
※大仙市・仙北市・美郷町の場合は大曲仙北広域市町村圏組合が保険者であるため、基準額は同じです。

詳しくはこちら
●加入している医療保険の算定方法に基づいて設定
●年金額が年間18万円以上の人は、年金から天引き
●それ以外の人は納付書か口座振替で納付
●医療保険料と一括して納付

介護保険の被保険者証
 介護保険においても、サービスを受けるときには健康保険と同じように被保険者証が必要になります。 
  被保険者証は、65歳以上の人(第1号被保険者)には65歳になると介護保険事務所から各人宛に送られてきます。40歳以上65歳未満の人(第2号被保険者)の場合は、介護サービスを受けるため認定を申請して認定結果が出た場合などに介護保険事務所から交付されます。
 被保険者の資格を喪失した場合にはすみやかに被保険者証を大仙市役所・仙北市役所・美郷町役場もしくは介護保険事務所に返還しなければなりません。

被保険者になるとき、なくなるとき
 以下のときは、被保険者の資格を取得または喪失します。(第1号被保険者本人または世帯主は市区町村に届け出を行ってください。)
●被保険者になるとき
●医療保険に加入している人が40歳になったとき。
●大仙市・仙北市・美郷町以外から転入したとき。
●40歳以上65歳未満の人が医療保険に加入したとき。
●医療保険の加入者でなかった人が65歳になったとき。(この場合は届け出は必要ありません)
●被保険者でなくなるとき
●大仙市・仙北市・美郷町以外に転出したとき。
●第2号被保険者が医療保険の加入者でなくなったとき。
●被保険者が死亡したとき。

介護保険施設に入所して、
住所を施設のある市区町村に変更した場合。
介護保険施設に入所することにより、住所をその施設のある市区町村に変更した場合には、住所変更前の市区町村の被保険者になります。
 また、2つ以上の介護保険施設に入所して、順次住所を変更した場合には、最初の施設への入所前の住所地の市区町村の被保険者になります。



戻る << 介護保険について >> 次へ

<< 戻る  <<<< トップページ